転入・転出・学区内転居の手続き




※手続きの窓口は、全て教務主任となりますので、教務主任までご連絡ください。

1 市外(県外)からの転入の手続き
 (1)引越日が決まった段階で、本校に電話で以下の内容をご連絡ください。
@お子様の名前、性別、学年、生年月日、保護者名、
    A転入後の新住所、電話番号(決まっていれば)
    B転入前の学校名、住所、電話番号
    C引越予定日、手続きのための来校日、お子様の登校初日
 (2)引越後、速やかに各区役所(どこの区役所でも可。最寄りは南区役所)で転入届を提出してください。また、その窓口で「就学指定校通知書」の交付を受けてください。
 (3)転入前の学校で交付を受けた「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」等の転学書類と共に「就学指定校通知書」を持って、本校に転入の手続きにいらしてください。
 (4)本校に転入の手続きにいらした際に、学用品・学校への提出書類・銀行口座振替・通学班等についてご説明いたします。
  ※ 外国からの転入もほぼ同様の手続きとなりますが、「転入」ではなく「編入」扱いとなります。

2 市外(県外)への転出の手続き
 (1)引越日が決まった段階で、担任に以下の内容をご連絡ください。
    @転出後の新住所、電話番号(決まっていれば)
    A転出後の学校名、住所、電話番号
    Bお子様の本校への最終登校日、引越予定日、転出後の学校へ手続きに行く日
 (2)転出前(1ヶ月ほど前から受付可)に各区役所(どこの区役所でも可。最寄りは南区役所)で、「転出届」を提出し、「転出学通知書」の交付を受けてください。
 (3)担任を通して「転出学通知書」を本校教務主任にご提出ください。
 (4)通学班世話人さんと通学班代表世話人さんに転出する旨を電話でご連絡ください。
 (5)お子様の最終登校日に「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」等の転学書類をお渡ししますので、それを転出先学校に手続きに行かれるときに持って行ってください。
  ※ 外国への転出もほぼ同様の手続きとなりますが、「転出」ではなく「退学」扱いとなり、出国する日までが本校の在籍となります。
3 市内転居をして転校する場合
 (1)引越日が決まった段階で、担任に以下の内容をご連絡ください。
    @転居後の新住所、電話番号(決まっていれば)
    A転居後の学校名、住所、電話番号
    Bお子様の本校への最終登校日、引越予定日、転居後の学校へ手続きに行く日
 (2)転居後の学校にも同様に連絡を入れてください。
 (3)通学班世話人さんと通学班代表世話人さんに転居する旨を電話でご連絡ください。
 (4)引越後(引越前は受付不可)、速やかに各区役所で「転居届」を提出し、「転出学通知書」と「就学指定校通知書」の交付を受けてください。
 (5)できればその足で、本校に「転出学通知書」をご提出ください。こちらから「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」等をお渡しします。
(6)その後、速やかに転居先の学校へ行き「就学指定校通知書」と本校からお渡しした「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」等を提出し、手続きを行ってください。

4 市内の本校学区外に転居するが引き続き本校に通学したい場合
 (1)引越日が決まった段階で、担任に以下の内容をご連絡ください。
    @転居後の新住所、電話番号(決まっていれば)
    A引越予定日
 (2)通学班世話人さんと通学班代表世話人さんに転居する旨を電話でご連絡ください。
 (3)引越後(引越前は受付不可)、速やかに各区役所で「転居届」を提出します。
   その際、引き続き本校に通学したい旨を申し出て、「就学指定校変更許可」を申請してください。書類は、区役所から学校に回ってきます。
※ 就学指定校変更は許可されない場合もありますので、詳しくは本校か、教育委員会学事課にお問い合わせください。

5 学区内に転居をする場合
 (1)引越日が決まった段階で、担任に以下の内容をご連絡ください。
    @転居後の新住所、電話番号(決まっていれば)
    A引越予定日
 (2)転居前と転居後の通学班世話人さんと通学班代表世話人さんに転居する旨を電話でご連絡ください。
 (3)引越後(引越前は受付不可)、速やかに各区役所で「転居届」を提出します。